「青少年ネット規制法」成立

「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」(青少年ネット規制法)が成立したそうです(しちゃったそうです)。
表現の自由を奪い、ウェブ上の情報操作を国が行うような法案が本当に成立してしまうとは。
そもそも、こんな法案を作ったところで別の捌け口を見つけてしまうだろうし、他の有益な情報源が、「犯罪を誘発する・助長する」などの曖昧な表現のために消えていってしまうほうが問題かと思う。
# ああ、あれだ。辛いシシトウがあるからシシトウは食べない、みたいな。シシトウの天ぷら美味しいのに。

「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」というキーワードでGoogle検索してみたところ、トップに共同声明が出てきました。
インターネット事業者5社の共同声明

もしかしたらリンク先が変わってしまうかもしれないけれど、ウィキペディアへのリンク。
青少年ネット規制法案 – Wikipedia
こちらにも、「主な反対意見」に反対声明(慎重な対応を望む意見など)のリンクが出ています。

いずれにせよ、なるべく早くに廃止してもらいたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です